しなのサンセットでの尿意について

長野駅から上田駅まで、しなのサンセットという電車に乗っています。

長野駅から終着上田駅まで何処にも止まらない突っ走り系の電車です。走行時間は26分間。ここで驚いたのが、車内にトイレがないということ。大丈夫か??誰か漏らさないの??と心配に思ったので少し考えてみた。

■乗客数

おそらく3両編成のこの車両、座席数は120/車両程度。乗車率は40%といったところ。つまり全体の乗客数は120*0.4*3=144名

 

■尿意を催している割合

人間が起きている時間のうち、トイレに5回行くとして、尿意はその5分前から感じているとする。すると起きている時間のうち、25分間は尿意を催している状態であると考えられる。起きている時間を16時間(=960分)とすると、起きている時間のその瞬間の尿意を催している割合は25/960=0.026 つまり約2.6% 

 

■今乗っている人の中で何人が尿意を催しているか

電車が発車するタイミングを切り出すと、その瞬間に尿意を催している人は、

144*0.026=3.744

となり、約4人がおしっこを我慢して乗っていると言える。(書いている途中で筆者もおしっこに行きたくなってきて気づいたが、乗っている途中に尿意を催す確率も出した方がいいですね)

 

うーん4人程度なら大丈夫なのかなー。

でも他の便も合わせて大丈夫?と思ったのでまた再計算。

 

■1日に何人おしっこを我慢して乗っているか

しなのサンライズ、サンセットはおそらく1日に6本程度なので、

4人*6=24人

1日に24人がオシッコを我慢した状態でのっているということ

(乗車率、車両数はさっきと同じと仮定。実際には朝はもっと混むだろう)

 

このあと1年間に誰かが漏らす確率とその被害、電車にトイレをつける費用を出して、投資対効果を出したいですね。

ただそうこうしてると駅に着いたので、オサラバです。多分だれもおしっこを漏らしていないと思う。よかったよかった。

他人の未来の決めつけはよくない

実は私は、来月から新しい職場で働く事が決まっているのですが、ここのところ現在の職場の方から、よく言われるフレーズがあります。

それは、「新しい環境は大変だと思うけど、頑張ってね」ということです。

これには「ん?」と違和感を感じます。それはなんであなたの価値観で私の新しい職場を「大変だ」と決めつけているの?という事です。私の身を案じてくれていることはとても嬉しいのですが、大変か大変じゃないかなんて第三者が決める事ではないし、そもそも未来の事なんて誰にもわからないわけです。私の未来の状況を勝手に決めつけて心配してくれるな!と言いたいところです。(笑)余計な事を言わずに「新しい職場でも仕事を楽しんでね」と一言いえばいいのです。

 

というわけで、こんな事を思う人もいるので、去っていく人への声かけの仕方に気を配ってみるのもいいかもです。

 

長野旅行記

この度は有休を利用して、ぶらり長野へ一人旅に来ました。自身の備忘録の意味も込めて、旅行記なるものを書いてみようと思います。

 

7/28(木)

7:10

バスタ新宿より、長野駅へのバスに乗り込み、出発。バスの乗車率は40%といったところ。(ちなみにこれは私も驚いたのだが、新宿→長野駅のバスはなんと2000円。)

 

11:50

少し遅れて長野駅着。

f:id:mahtava:20170727120756j:image

作戦会議の為、長野駅BECK'Sに入店。

ブレンドと、信州限定具沢山ケチャップドックを注文

f:id:mahtava:20170727120918j:image

具沢山といいつつ、具はウインナーだけやないかーーーい、と思ってたら、ケチャップが具沢山なのね。。

13:10

荷物をコインロッカーに預けて、善光寺へgo!

by徒歩。

 

そば食べて善光寺行って、レモンスカッシュ飲んで、長野駅帰ってスタバにきました。

(投げやり)

 

 

※随時更新します 

人間はギャンブルが大好きだ

人間はギャンブルが大好きだ。

私がここで言っているギャンブルとは、何も競馬や宝くじ、競艇、競輪、麻雀といった誰でもすぐにイメージできるギャンブルの事だけをさしているわけではない。

ここでいうギャンブルとは、「不確実性を含んだもの」である。

先日の記事では、プロ野球はギャンブル性を含んでおり、だからこそ人々はその試合に熱中するということを書いた。これはプロ野球にとどまらず、スポーツ全般で不確実性を含んでいる。また、これは例えば女の子とのLINEのタイミングだってそうである。10分ごとに返信が来る女の子だといつの間にか飽きてしまう。返事が来るか来ないか、またいつ来るか分からないからこそドキドキしてハマるのである。SNSの例だってそう。もしかしたら誰か新しい投稿をしてるのではないか?コメントは来てないか?とそこに不確実性があるからこそSNS中毒は生まれるのである。

また人間は、こと不確実性のあるもの(=ギャンブル)においてはその結果よりも過程(=ドキドキしながら結果を待っている時)に最もドーパミンが放出されて気持ちいい状態になっているということが研究(※)で明らかになっている。

※文献は各々でどうぞ。。

例えば100枚のくじがあって、

1.必ず100円があたる

2.その中の1枚だけ9000円が当たって、あとはハズレ

だと、人間は喜んで2のクジを引くのである。期待値は1の方が大きいにもかかわらず!

(ってこれはまさに宝くじやないかーい)

 

というわけで誰かを楽しませたいときはこの「不確実性」を意識すると良いだろう。

「おやすみ、ロジャー」で大人も眠れるか?

おはようございます。

昨晩はどうしても眠れなく、(仕事から帰ってから少し寝てしまっていたため)深夜2時を回ろうとしていました。どうにかして眠ろうと思って、私はとうとう禁断の「おやすみ、ロジャー」に頼ってしまったのです。

「おやすみ、ロジャー」といえば子どもを寝かしつける最強の武器であり、これで落ちない子どもはいないと言われています。また「大人も運転中などに聴かないように」と注意書きがされている本で、これは 期待ができそうだな、と思ったわけです。

 

おやすみ、ロジャーを聴いた大人は眠れるのか?

以下今回の条件

  • 私はアラサーの大人
  • 時間は深夜2時
  • おやすみロジャーは初体験
  • 音源はYoutubeさん提供(約30分程度の音源)
  • 眠れない原因は事前に1時間程度眠ってしまっていたため
  • めぐリズム着用で耳に神経を傾ける

 

・・・。

 

結果

眠れませんでした。(私の場合は)

 

理由

「おやすみ、ロジャー」の内容ができすぎていて、素直に聞けず、あれこれ考えてしまうんですよね。ネタバレ(?)になるので詳しくは言いませんが、聴いていると、「なるほどこうやって子どもを落とすのか」「これはなるほどいいテクニックだ」と感心してしまいました。

また全体を通して一種の催眠の音声を聴いている感覚になってしまい、(まあ催眠の音声なんですけど)少し抵抗があったというのが本音です。

 

結論

疑り深い大人は眠れません(笑)

誰に対して仕事をする?お客様?それとも社内?

仕事について思うことがあったので書き記します。
それは誰に対して仕事をするかということです。言いかえれば誰のことを想像しながら仕事をするのか?ということです。

本来それはお客様を向いて仕事をするべきです。お客様のありとあらゆることを想像して、困り事を解決するというところが仕事の本質であると私は考えています。
しかし中にはそうでない人がいます。社内の人間(多くの場合ここでは上司)のことを想像しながら仕事をしている人間がいるのです。一時期の私はそうでした。上司の(今思えば)パワハラ的言動に怯え、とにかく上司に怒られないよう、上司の期待通りに行動しようとしていました。例えば資料を1枚作成するときでも、「お客様はどう感じるだろう?」と考えるのではなく、「上司はどう感じるだろう?これで満足するだろうか?」と考えてしまっていたわけです。これではうまくいくはずがありません。いざ資料を使ってお客様に説明しようとしてもお客様の反応はイマイチな訳です。それもそのはず、この資料はお客様ではなく、上司に向けて作成した資料だからです。
この現象は私のみならず、社内のいたるところで目にします。「お客様に提出する資料の部長承認を得るために部長向け対策を考えるMTG」とか典型的な例です。部長に向けて仕事をしてもしょうがないわけです。

これを解決するためには、社員一人一人が、お客様を向いて仕事をするという意識を持つように、マネジメントする側がマネジメントしなければなりません。部下を詰めて、「俺の思ったのと違う」とか言うのはもってのほかです。こんなことを言われた部下は「俺の思ったの」を頭をひねらせて想像しながら仕事をすることになります。お客様のことなんかこれっぽっちも考えていません。これではマネジメント失敗です。お客様の頭の中なんか分からないので、そこに「正解」なんてないわけです。正解のない問題なのにあれこれ間違いだの何だのいうのは見当違いです。上司は正解のない問題ということをまず認めたうえで、部下と共に考える姿勢を見せるべきです。時には経験から指導できることもあると思います。ただし、それは絶対的な答えではないことを頭において指導すべきだと私は考えます。

残念なことにマネジメント層って大企業になればなるほど年をとった方が多く、今から変わろうにも変われないんですよね。なのでこれを読んだまだ若き将来のマネジメント層になる方が心の片隅においておいていただければ幸いでございます。

なぜ夜は喧嘩が多いのか

夜。それは闇の時間。

私は彼女と電話をすることがあるのだか、夜電話していると、昼や朝に電話をするときに比べて喧嘩になることが多い。

(かく言う今※深夜0時 も些細なことで言い合いになったため、電話を切り怒りに震えながらこのブログを書いている)

しかし夜にした喧嘩は朝起きてみると、「なんか俺も悪かったな、、」と思ってしまうものである。こういう経験がある人も多いのではないだろうか。私は良くある。というかほぼ毎回そうである。それでは何故夜は喧嘩になりやすく、朝はどうでも良くなるのだろうか。

 

以下私の仮説。

夜は意志力(WillPower)がそこなわれている為、些細なことが許せなくなり喧嘩になる。(夜の闇)

逆に朝は意志力が回復したため、理性的に物事を考えることができ、仲直りができる。

 

要は疲れてるから喧嘩になって、寝て起きたらみんなハッピーってこと。

この仮説は経験からまあまあ正しいと思っているのだかどうだろうか。逆に夜勤明けの看護師さんカップルの意見をお聞きしたいところである。(夜勤明けの朝が1番喧嘩しやすくて、寝て起きた夜には仲直りするのか)

 

喧嘩になりそうだったら夜はさっさと寝て、朝冷静に話し合った方が生産性上がりますよね、って話でした。

 

私もまた明日の朝、彼女と仲直りしようと思います。それではおやすみなさい。